病気以外で亡くなる場所として、常に挙げられるのがトイレと浴槽です。いずれも大事故に繋がる危険性がありますから、早めの改善策を考えておく必要があります。やはり一番ネックになるのは段差で、続いて温度ではないでしょうか。温度は浴室暖房でカバー出来ますが、段差はリフォームをするしかありません。小さな階段を付けることも可能ですし、選択肢は広がっているようです。浴槽自体を交換することも可能ですし、その場合は少し浅いタイプを購入することが多いようです。一人暮らしですと、緊急呼び出しボタンを付けて警備会社に繋がるシステムもあります。70代を超えてしまうと、どこに危険が潜んでいるかを見極めることが重要になります。自分の身は自分で守るしかありませんし、お風呂場は本来リラクゼーションスペースです。リフォームは早めに検討しておいて下さい。

浴槽リフォームは10年から15年が目安

浴槽のリフォームは、かなり重要です。なるべくお早めに手を打つのが最善です。住宅も年数を経ると、どうしても様々な箇所でちょっとした不具合が出てきます。家をより長く、快適に持たせようとお考えでしたら、修繕は早目早目に手を打つのを心掛けることが重要です。特に、浴槽周りの修繕は早目に行って損はありません。浴室はお部屋の中でも、最も湿気がある場所です。どうしてもその使用頻度に応じて、様々な箇所に傷みが出てきます。20年も持てば良い方です。メーカーの推奨ですと、10年から15年程度ですのでこの辺りで一回点検する必要があります。浴槽もその一つです。浴槽に穴が空いたりすることはないでしょうが、10年を過ぎれば、目に見えない傷みや内壁の抗菌作用もなくなりカビやすい状態になってきます。また、浴槽と壁との接合部分にも隙間ができたりします。その場合、一度見てもらう必要があります。放っておくと、知らず知らずの内に不具合が大きくなり、大きなリフォームをする必要が出てきます。浴室を始め、水回りの点検は特に定期的に行うことをオススメいたします。

浴槽だけを交換してリフォームができるか

浴室全体を改装する場合には数百万円前後かかりますが、浴槽だけを単体で交換する場合には浴室の状況によって多少費用が異なります。システムバスだけであればシステムバス丸ごと交換する可能性もありますので、100万円前後かかることは少なくありません。対して、リフォームの際に既存浴槽だけを交換する場合には、その浴槽の形状、さらに大きさなどによっても価格が大きく異なります。利用している人々の意見を確認しておくことで、納得できる形での利用できます。様々なポイントを把握してから料金は決定されますが、素人にはわからない浴室内の壁面や床などの傷み具合も考慮され、単なる浴槽だけを交換しただけでは終わらない可能性もあるのは事実です。そこで、利用前に必ず業者に相談してください。利用する際に必ずポイントを踏まえて見積もりを出してくれます。

話題のエコキュートもメーカー多用に取り扱っております! 販売拠点は全国各地にありますので、熟練工の専属スタッフが迅速に対応いたします! 月曜から金曜の10時~17時までお問い合わせを受け付けております。インターネットからのお問い合せは24時間受け付けております! キッチン・お風呂・トイレ、マイホームのリフォームなら最適なプランと価格をご提供いたします! 雰囲気が変わる浴槽のリフォーム